NEWS

<名刺情報のさらなる活用で、営業アプローチをより効果的に!>
営業支援 名刺管理サービス「SKYPCE Ver.2.2」を発売しました

2023年7月3日
Sky株式会社

Sky株式会社はこのたび、営業支援 名刺管理サービス「SKYPCE Ver.2.2」(スカイピース バージョン2.2)を開発、2023年7月3日より販売を開始いたしました。

SKYPCE

顧客、ビジネスパートナーの開拓など、ビジネスの第一歩となる名刺交換。業務で得た名刺を安全に管理し、活用いただくために開発されたのが「SKYPCE」です。会社・組織全体で集約した名刺情報を「SKYPCE」上で管理し、営業活動などに活用することができます。

「SKYPCE Ver.2.2」では、より効果的な営業アプローチを実現するための各種機能を搭載。顧客に関する最新の話題を効率的に収集できるニュース機能や、オンライン名刺交換機能、イベント告知や年賀・暑中見舞いなどの営業メールの一斉配信がスムーズに行える仕組みをご用意しました。

SKYPCE

「SKYPCE Ver.2.2」新機能

1.顧客に関する最新の話題をニュース一覧で素早く把握

名刺登録されている顧客企業の最新ニュースを自動で一覧表示し※1、いつでも閲覧できます。営業で訪問する企業の話題を事前にピンポイントで確認したり、日頃から担当顧客の最新情報を効率的にチェックしたりするのに役立ちます。

2.オンライン会議をきっかけに顧客との名刺交換を推進

新しいビジネススタイルとして定着したオンライン会議を通じて、顧客との名刺交換を積極的に実施できる「オンライン名刺交換」機能を用意。主催者がオンライン会議の開催情報を参加者に展開し、会議予定画面上での名刺登録を促すことで、営業活動のさらなる活性化を支援します。

3.イベント告知や年賀メールを組織全体でより効率的に配信

SKYPCEに登録された名刺情報を活用して、顧客に一括で営業メールなどを送信できる「一斉メール配信」機能を強化。配信担当者がメールの文面、送信先を管理しやすい専用画面や、各営業担当者が配信対象の顧客ごとに文面のカスタマイズをしやすい仕組みを用意しました。また、文面はHTML形式で柔軟に編集することが可能です。

4.スマートフォンに連絡先が未登録でも着信時に顧客の名刺情報を表示

名刺登録されている顧客から着信があった場合に、着信画面や着信履歴に名刺情報を表示※2。スマートフォンの電話帳登録をする手間なく、顧客からの着信を正確に把握することができます。

5.Salesforceと連携、正確な名刺情報を自動登録※3

顧客管理システム「Salesforce」と連携し、SKYPCEで登録した名刺データをSalesforceに転送して反映※4。Salesforce上で手動入力しなくても、SKYPCEでデータ化された正確な名刺情報を自動で登録することができます。

  • マイナビニュースが提供するニュース記事が表示されます。
  • 本機能を設定いただく際に、ご利用のiPhone / Android™端末の通話履歴へのアクセスや発信などの権限をSKYPCEに許可する必要があります。また着信履歴については、iPhoneをご利用の場合に名刺情報が表示されます。
  • 本機能は準備が整い次第、提供を開始いたします。また、対応するSalesforceの製品およびエディションは、Sales Cloudの Enterpriseエディションおよび Unlimitedエディションです。
  • Salesforceの「取引先責任者」情報、「リード」情報にSKYPCEの名刺データを紐づけて表示します。

<営業支援 名刺管理サービス「SKYPCE」商品Webサイト>
https://www.skypce.net/

<SKYPCEメールマガジン配信中>
https://www.skypce.net/mail_magazine/
「SKYPCE」や名刺管理・営業活動にまつわるさまざまな情報をお届けする「SKYPCEメールマガジン」を無料配信しています。ぜひご登録ください。

営業支援 名刺管理サービス「SKYPCE」の特長

1.使いやすい名刺管理画面で顧客情報の共有をスムーズに

シンプルな画面構成で、マニュアルがなくても直感的に使える「使いやすさ」が「SKYPCE」の魅力です。検索性に優れた名刺情報閲覧画面で、膨大な名刺の中から必要な情報を簡単かつスピーディに確認いただけます。

2.手軽でスマートな名刺登録で、効率的な営業活動をサポート

交換した名刺はスマートフォンで撮影して登録可能。また、イベントなどで交換した大量の名刺を登録する場合は、オフィスに設置したスキャナーでまとめてスキャンするだけで登録が完了し、営業活動に活用することができます。対応している機種であれば、デジタル複合機のスキャン機能を使って名刺スキャンを行うことも可能です。

3.自社開発商品と連携し、セキュリティをさらに強化

組織内のPCを一括管理して情報セキュリティ対策を図る「SKYSEA Client View」や、仮想環境の利用で重要データの漏洩リスクを低減する「SKYDIV Desktop Client」と組み合わせてご利用いただくことで、名刺管理のセキュリティをさらに強化いただけます。

4.お客様の運用に合わせて、オンプレミス / クラウドで名刺管理

「SKYPCE」では、お客様がスマートフォン(スキャナー)などでスキャンした名刺データをSky株式会社のサーバーに転送しテキスト化した後、お客様の環境にデータをお戻しします。返却されたデータの保存場所は、お客様の運用に合わせてオンプレミス環境または「SKYPCE Cloud Edition」のクラウド環境のどちらかをお選びいただけます。

5.名刺情報が戻るから、乗り換えても安心

「SKYPCE」では、お客様からのご希望があればいつでも、高解像度の名刺画像を含めたすべての名刺データを返却します(作業費は別途必要です)。

「SKYPCE」の主な機能

名刺管理

組織全体でデータベースに集約した名刺情報を管理画面で確認いただけます。必要な顧客情報を絞り込んで確認したり、営業活動の進捗や傾向の把握にもお役立ていただけます。また、名刺情報にお客様の顔写真をご登録いただければ、お名前とお顔を合わせて確認でき、検索時に把握がしやすく、より印象に残りやすくなります。

名刺取り込み

スキャナー・複合機を使って名刺をスキャンし、タブレット端末を操作して取り込むことができます。スマートフォン(iPhone / Android™)を活用した名刺登録にも対応。スマートフォンで撮影した名刺画像をアップロードして取り込むことができ、外出先でもスムーズに名刺登録が行えます。複数枚の名刺を連続で撮影し、まとめて登録することも可能です。また「SKYPCE」では、名刺データのテキスト化に際して、OCRに加えオペレーターによる確認・修正を通してデータの正確性を担保しています。一文字でも間違いがあると活用が難しい、一斉メール配信や暑中見舞いなどの発送作業でも安心してご利用いただける精度の高い名刺データをご提供することで、組織の営業DXをサポートします。

名刺タグづけ / メール配信

組織で名刺を集約して管理するなかで、名刺情報にタグづけをしてグループ分けしておくことで、イベント参加のお礼やイベント告知メールなどを一斉送信したり、メールマガジンを配信するなど、名刺情報を起点に営業活動を効率的に行うことができます。また、年賀状リストや郵便物の宛名シールなどを作成する際にも、名刺情報を活用いただけます。

情報セキュリティ対策連携

クライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View」と連携し、名刺管理画面の表示中は画面キャプチャーを禁止したり、名刺情報のダウンロードを検知して管理者に通知できます。

販売体制

お客様へSky株式会社から販売いたします。

商品詳細

※詳細は下記Webサイトにてご確認ください。

<SKYPCE Webサイト>
https://www.skypce.net/

  • SKYPCE、SKYSEA、SKYSEA Client View、SKYDIV および SKYDIV Desktop Client は、Sky株式会社の登録商標です。
  • Android™ は、Google LLCの登録商標または商標です。
  • iPhone は、Apple Inc.の登録商標または商標です。
  • 台形補正技術にはMorpho Scannerを、画質調整エフェクト技術にはMorpho Filter Engineを採用しています。Morpho Scanner および Morpho Filter Engine は、株式会社モルフォの商標です。
  • Salesforce は、Salesforce, Inc.の登録商標または商標です。
  • 画像などに記載の名刺情報は架空のものであり、実在の人物や団体などとは関係ありません。
  • その他記載されている会社名、商品名は、各社の登録商標または商標です。
  • 本文中に記載されているテキストおよび画像(写真、イラスト等)の一部または全部を改変することは、いかなる理由、形態を問わず禁じます。
  • 掲載されている情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

名刺管理のSKYPCEについて詳しくはこちらから

ページのトップへ