SKYPCEの名刺情報で
営業支援!

「組織」での積極活用で
営業活動の活性化をサポート

名刺の管理を「個人」から「組織へ」。
SKYPCEで名刺情報を集約すれば、営業活動をより効果的に行えます。

組織全体で名刺を管理すれば…売上・利益につながるチャンスを
視覚化できる

自分自身が名刺交換をしたのが数年前だったとしても、組織内でほかの従業員が最新の名刺を取得していれば、データは更新され、名刺情報は常に最新の状態で管理できます。最新の名刺情報を確認することで、部下の営業活動の状況把握に役立てたり、経営方針を判断する上での材料として活用することができます。

営業支援 名刺管理サービス SKYPCE名刺情報閲覧画面

部下の営業活動の状況把握に

例えば営業部門のマネージャーが、部内で登録された名刺情報を確認することで、「新規顧客のキーパーソンにアプローチできているか」といった日々の営業状況の把握に活用いただけます。

部下の営業活動の状況把握に

経営判断のための材料として

取引先企業ごとの名刺情報を包括的に見ることで、取引額の大きい企業とのつながりや新規取引に向けた他部署への営業状況などを確認。企業ごとの名刺の枚数などもすぐに確認できるため、顧客との接触頻度、パイプの太さを把握し、今後の営業方針などの検討に生かすこともできます。

経営判断のための材料として
経営判断のための材料として 経営判断のための材料として

名刺所有者の情報からお客様との接点を持つ従業員がすぐ見つかる

名刺情報をデータベースで検索することで、自分自身は面識がないお客様でも組織内でコネクションがあるほかの従業員が見つかり、お互いに営業戦略を検討するきっかけにもなります。また、SFA(営業支援システム)や営業日報には記載しないようなお客様の経歴・趣味などをメモに入力して、組織内で広く情報共有することが可能です。

「経歴」画面 「経歴」画面

スマートフォンでの名刺登録で重要な名刺交換日の管理がスムーズに

名刺管理において非常に重要なのが「名刺交換日」です。正確な名刺交換日が登録されていれば、相手の所属部署・役職やメモに入力した商談内容などの情報の鮮度を適切に把握でき、タイムリーな営業アプローチにつなげることができます。SKYPCEでは、商談直後に外出先からでもスマートフォンで素早く名刺情報を登録できます。後日まとめて名刺登録をすることで誤った名刺交換日を入力してしまう、といったミスの発生を防ぎ、正確な管理が行えます。

「経歴」画面

営業活動の起点としてメール配信や発送作業などに活用できる

名刺情報は、さまざまな営業アプローチを行う上での起点としても活用いただけます。名刺情報にタグづけをしてグループ分けをしておくことで、リストを作成してメール配信などに役立てることができます。これら業務に必要な名刺情報は、一文字でも間違いがあれば活用できなくなってしまうため、データには高い精度が求められます。SKYPCEでは、OCRに加えてオペレーターの確認・修正をとおしてデータの正確性を担保しています。

イベント告知などの一斉メール配信に活用できる

イベント参加者の名刺情報にタグづけをして、新商品リリースや新たなイベントの告知メールを一斉送信したり、定期的なメールマガジンを配信するなど、プッシュ営業に活用できます。

年賀状などの送付時に宛名リストとして活用できる

年賀状や暑中見舞いなどを送りたい顧客・取引先の名刺情報にタグづけしておき、送付準備の際にデータを抽出して宛名リストとして活用することで、作業が効率的に行えます。

「名刺詳細」画面 「名刺詳細」画面
ページのトップへ
「SKYPCE」導入相談カフェ「SKYDIV Desktop Client」導入相談カフェ
「SKYPCE」導入相談カフェ